東京2020ボランティア


東京オリンピック開催が決まり、これは生きているうちに参加できる最初で最後のチャンス!と
ボランティアに応募した。
運よく採用された。
問題は宿泊・・、1年以上前から、予約。
開会前日から、10日間は相模原のビジネスホテルが取れた。
普段の3倍くらいの値段だったが、現地払いだったから 問題なし。
その後の数日間は都内のシェアホテルが何とか取れたが、それも普段の3倍。2段ベッドの部屋、 1泊11,000円くらい。これはキャンセル不可の前払い。
仕方ないな、と思って支払いを済ませた。
何日間の活動になるのか具体的にわからないため、もしも期間がずれたら、息子の1ルームか、 知人の部屋に、
1日くらいはお願いするか・・と考えていた。
実際にどこで活動なのか、待ちに待った連絡がきたら、横浜国立競技場↓(-_-;)
サッカーにうとい私は、予想していなかったことと、宿泊施設から1時間あまりかかることで
モチベーションはだだ下がり・・
宿泊と交通費で、30万円はかかるなあ((+_+))

研修に2回参加した。
1回目は全く楽しめなかったが、2回目の研修は、モチベーションが上がった。
ためになるお話を聞けた上、司会進行の方も素晴らしく、さらに隣にいらしたボランティアの方が素晴らしく、リスペクト!!

しかし、翌年にオリンピックは延期となった。
あわててビジネスホテル数ヶ所をキャンセル。開催をあんなに喜んだ日はどこへ?
今の日本の現状で、翌年開催できるのか? 開催されたとして、私はボランティア活動参加できるのか?
はてな???いっぱいである。

1つ朗報があった。キャンセル不可のあのシェアハウスから、ご希望であればキャンセル費用無料でキャンセルに応じます、
とメールが届いた。
すぐキャンセルをお願いした、もしも返金してもらえたらとても嬉しい。
あきらめていたことだっただけに、ね。

2021年はどうなるのだろうか、先が見えない。




Copyright © とある日常を書いてみた All Rights Reserved.